Translations of this page:

We’re in the process of updating the documentation for Zotero 5.0. Some documentation may be outdated in the meantime. Thanks for your understanding.

Word Processor Plugins for Zotero 2.1/3.0のインストール

このページはZotero 3.0ユーザー向け[ja:word_processor_integration|ワードプロセッサプラグイン]を提供します。機能は保証されていませんが、これらのプラグインの多くは Zotero 2.1 でも動作するでしょう。 スタンドアローン版 Zotero のためのプラグインは、Zotero 環境設定 の Cite 画面からインストールできます。他のバージョンの Zotero に対する ワードプロセッサ・プラグインは、それぞれのページをご参照ください。Firefoxのベータ版の利用者は Firefox ベータ版の互換性をご覧下さい。

ワードプロセッサ・プラグインは Firefox の拡張機能(extension)として配布されています。これは Zotero の統合的サポートを提供し、またご使用のワードプロセッサーソフトに必要なコンポーネントをインストールします。このページからプラグインをインストールすると、Firefox はこのプラグインの新たなバージョンが提供された場合、Zotero Firefox 機能拡張などと同じように自動的に最新バージョンをインストールするように促します。

Microsoft Word

Windows用

Word用プラグイン(Zotero 2.1対応版)の最新バージョンは、3.1.6です。(64 bit版を含むWord 2000以降、Windows2000以降に対応しています。またFirefoxの3.6-12に対応しています。)Word 2010 Starter Edition はサポートされていません。

*Word for Windows Plugin for Zotero 2.1のインストール (Firefox拡張機能)

Mac OS X用

Word for Mac用プラグイン(Zotero 2.1/3.0対応版)の最新バージョンは3.5.3です。(Word 2004, 2008, 2011、またOS X 10.7 Lionも含むMac OS X 10.5 Leopard以降、Firefox 4-13)に対応しています。)このヴァージョンはFirefox 4 以降が必要ですが、Pythonextを必要としません。 Firefox 3.6の利用者は Word for Mac Plugin version 3.1.10をダウンロードしてください。

Word 2008の利用者へ Zoteroの機能はWord scriptメニューに配置されます。詳細はこちらを参照ください。

Word 2011の利用者へ Office 2011 サービスパック2とプラグイン3.5.2との間には互換性の問題があります。これを解決するにはプラグインのヴァージョンを3.5.3へ更新してください。

OpenOffice, LibreOffice, NeoOffice用

LibreOfficeプラグイン(Zotero3.0対応版)の最新バージョンは3.5.2です。

このソフトウェアは Java Runtime Environment (JRE) を必要とします。もしまだインストールしていなければ、Windows の利用者は Oracle JRE をインストールすべきです。Mac OS X の利用者は、必要に応じてインストール時に JRE もインストールするように促されます。Linux 利用者はそれぞれのディストリビューションに付属の JRE をインストールする必要があります。

Windows 版 OpenOffice.org 利用者 Windows 版の OpenOffice.org の Java サポートにおけるバグが、一部の利用者のプラグインのインストールと使用を妨げる可能性があります。この問題は LibreOffice 3.4 以降で解決されています。OpenOffice.org の開発はほぼ止まっているので、LibreOffice への以降を強く推奨します。

LibreOffice 3.5 利用者 LibreOffice 環境設定で  “experimental features” 「実験的機能」を有効化すると、出典表記や参考文献目録の挿入を妨げる恐れがあります。

アップグレードについて

Zotero 2.1/3.0をWordやOpenOffice文書で使用する場合、アップグレードは取り消すことが出来ません。そして以前のバージョンのZoteroでは二度と使用出来なくなります。

Zotero 1.0から(2.0ではなく)直接アップグレードする場合: 最後にZotero 1.0プラグインを使用した文書をアップグレードする際、その文書を必ず以前と同じコンピューター(かつ、同じFirefoxのプロファイル)上で更新し保存するようにしてください。また、このコンピューター上のZoteroデータベースはZotero 同期機能の土台として使用されます。同期機能でコピーされた文書を別のコンピューター上でアップグレードすると引用の不一致問題を引き起こします。

トラブルシューティング

Word processorプラグインでなにか問題が生じる場合、最新のバージョンを使用し、トラブルシューティングページに投稿された解決法を試してみてください。それでも問題が続く場合、Zoteroフォーラムに投稿してください。

ja/word_processor_plugin_installation_for_zotero_2.1.txt · Last modified: 2017/11/12 19:53 (external edit)