Translations of this page:

We’re in the process of updating the documentation for Zotero 5.0. Some documentation may be outdated in the meantime. Thanks for your understanding.

所在確認ボタン

Zotero画面上部、検索ボックスの右隣にある緑の矢印のボタンはOpenURLと呼ばれる技術を用いて、あなたのZoteroアイテムを所属機関の図書館で見つけ出す(図書館収蔵の実際の出版物、あるいは図書館が契約している電子ジャーナルの全文データベース上のページ等)ためのものです。OpenURL resolver次第で、様々な利用者が同じ文書についていろいろな方法でアクセスすることになるでしょう。たとえば、George Mason 大学の研究者はある資料のコピーに自分の大学を通じてアクセスできますが、ミシガン大学の研究者はミシガン大学を通じて同じ資料にアクセスします。

所在確認ボタンの設定

Zotero はOCLC's OpenURL Gatewayを規定のリンク・リゾルバとして利用します。多くの場合、あなたの大学キャンパスの中の資料へと自動的に接続します。またはご自分の所属機関を通じて全文資料を見つけるようにZoteroを設定することができます。Zotero 環境設定の「詳細」タブを開き、OpenURLのリンク・リゾルバを変更して、所属機関のものを指定します。これにより図書館検索ボタンは、あなたの所属機関の図書館を通じてアイテムを検索するようになります。もし所属機関の図書館が資料の全文へのアクセスが可能な電子ジャーナルのデータベースへ契約している場合、この電子資料をウェブ上で入手することができます。あるいはそのアイテムが図書館の本棚に陳列してある場合、その整理番号が分かります。もしあるアイテムが関連URLを持っている場合、図書館検索ボタンを使うと、そのアイテムを図書館で見つけるか、あるいはインターネットアーカイブのウェイバックマシーンで見つけるかメニューから選べるようになります。resolver gatewayがうまく機能していないようなら、 known resolvers pageのリストに載っているリンク・リゾルバを試すとうまくいくかもしれません。

ja/locate.txt · Last modified: 2017/11/12 19:53 (external edit)