Translations of this page:

We're in the process of updating the documentation for Zotero 5.0. Some documentation may be outdated in the meantime. Thanks for your understanding.

多くのZoteroの初期設定は設定ウインドウで変更することができますが、実は設定ウインドウでは変更できない隠れた設定も用意されています。すべてのZoteroの設定(隠れた設定も含む)を閲覧するには、“about:config”とFireforxのロケーションバーに入力して、リストの最上部のフィルターに“Zotero”と入力してください。スタンドアローン版のZoteroでは詳細タブのボタンからabout:config を開くことができます。利用者が安全に操作できる初期設定について以下に記します。

Zoteroのすべての隠れた設定は“extensions.zotero.”で始まります。

一般設定

これらの隠れた設定はZoteroの操作感を高めるものです。

Preference NameDefault ValueDescription
debug.logfalse Zoteroをデバッグするために使われます。 debug_outputを御覧ください。
debug.level5When debug.log is enabled, determines the lowest of the debug levels (1-5, with 5 being the lowest) that is displayed
debug.timefalseWhen debug.log is enabled, shows the milliseconds from the previous debug call
browserContentContextMenutrueBy default, Zotero will include various options to your Firefox context menu. If you set this to false, those context-dependent right-click options will no longer be available.
fontSize“1.0”この設定でZoteroインターフェースの文字サイズを変更することができます。
recursiveCollectionsfalse規定値ではあなたのそれぞれのコレクションは、あなたがその中に置いた項目のみを表示します。あるコレクションを別のコレクションの中に置いた場合でも、下位のコレクションの中身は上位のコレクションへ追加されません。recursiveCollectionsを有効にすると、下位のコレクションの中身が上位のコレクションの中にも表示されます。
attachmentRenameFormatString'{%c - }{%y - }{%t{50}}'Zoteroはトランスレータから取得した添付ファイルの名前を自動的に変更します。この文字列は、どうやってこの名前が整形されるかを指定するものです。%cはcreator、%yはyear、%t はtitleを表します。中括弧は“内部で指定されたフィールドが空ではない場合、この部分だけを含む”ということを意味し、たとえば{50}は“50文字で切り詰めよ”という意味です。好みに合わせて変更することが可能です。
capitalizeTitlestrue規定値では、Zoteroはアイテムのtitleの頭文字を大文字化します。この設定を無効falseにするともともとの大文字、小文字のままでtitleが保存されます。
launchNonNativeFilesfalse規定値では、Zoteroは、Zotero内部に保存されたファイルはすべて、Firefoxがその種類のファイルを開くときの方法に従って開かれます。たとえば、あるPDF文書をFirefoxの中でクリックすると、そのPDFはPDFブラウザ・プラグインを使ってブラウザ画面の中で開かれることが普通でしょう。この設定をtrueに切り替えると、Zoteroは、PDFなどの非ネイテイブ・ファイルをFirefoxではなくOSを使って開こうとします。
sortNotesChronologicallyfalseIf set to true, your notes will be sorted by the order you added them instead of alphabetically.
sortAttachmentsChronologicallyfalseIf set to true, your attachments will be sorted by the order you added them instead of alphabetically.
connector.enabled (for Zotero 3.0 and higher: httpServer.enabled)falseIf set to true, Zotero in Firefox will be able to receive citations from Safari or Chrome with the Zotero Connector installed. See the knowledge base article on this feature.

Full-Text Indexing

These preferences deal with Zotero's ability to create full-text indexes from imported files.

Preference NameDefault ValueDescription
search.useLeftBoundtrueThis preference determines whether Zotero only finds word matches based on the left bound or whether it finds matches anywhere within words. Switching this to false may be beneficial for languages other than English, but it may significantly slow down Zotero's search functions.

レポート

These options allow you to customize your reports.

Preference NameDefault ValueDescription
report.includeAllChildItemstrueBy default, selecting only parent items for a report causes those items' child notes and attachments to be included as well. If includeAllChildItems is set to false, only the items you have selected will be included. Selecting a combination of parent and child items will cause only the selected items to be displayed regardless of this setting.
report.combineChildItemstrueBy default, Zotero groups child notes and attachments in reports together under their parent items. Switching this to false will cause notes to appear separately from their parent items. This can be helpful for people interested in using Zotero's note-taking features as an outlining tool.

Export and Citation Settings

Preference NameDefault ValueDescription
export.bibliographyLocale 規定値では、ZoteroはインストールされたFirefoxの言語で文献目録を作成します。ここで言語コード(locale code)を入力すると、Zotero は指定された言語で出力するようになります。たとえば、英語版でないFirefoxで、英語の文献を引用しようと思う場合、'en-US'(引用符は要りません)とこの設定に入力してください。言語コードの一覧についてはこちらを御覧ください。
export.quickCopy.compatibility.indentBlockquotestrueWord and TextEdit don't indent blockquotes on their own and need this enabled. Results in an extra indent in OpenOffice, which handles blockquotes correctly.
export.quickCopy.compatibility.wordfalseAdd Word Normal style to paragraphs and enable double-spacing. OpenOffice inserts the conditional style code as a document comment.
quickCopy.quoteBlockquotes.plainTexttrueAdd quotes around blockquote paragraphs in plain-text output
quickCopy.quoteBlockquotes.richTexttrueAdd quotes around blockquote paragraphs in rich-text output

メモの設定

Preference NameDefault ValueDescription
annotations.warnOnClosetrueBy default, Zotero will warn you before you close a sticky note annotation. If you switch this to false you will not receive that warning.

Word プロセッサ・プラグイン

Preference NameDefault ValueDescription
extensions.zotero.integration.keepAddCitationDialogRaised falseこの値をtrueにすると、出典挿入用のインターフェースを常に前面に保ち、Word文書のウインドウの下に潜って隠れるのを防ぐことができます。
ja/hidden_prefs.txt · Last modified: 2012/02/14 01:41 by odon