Translations of this page:

We’re in the process of updating the documentation for Zotero 5.0. Some documentation may be outdated in the meantime. Thanks for your understanding.

Zotero 文献表記検証ツール (csledit.xul)

Zotero 文献表記検証ツール(Zotero Reference Test pane)はCSLスタイルを編集するためのツールです。Firefoxのアドレスバーにchrome://zotero/content/tools/csledit.xulと入力することでこの画面を開くことができます。スタンドアローン版のZoteroでは、Zotero設定パネルの「詳細タブ」の最下部にある“Open CSL Editor”ボタンを使って開くことができます。

このツールでは、あなたのZoteroライブラリの中にある実際の文献項目を使いながら、CSLを手軽に編集することができます。ツールを表示すると、ツールバーと、下側に分割されたブラウザ画面が見えます。このツールを使用する手始めは、CSLスタイルを選択することです。上部ウインドウにCSLスタイルのコードを直接ペーストすることもできますし、インストール済みのスタイルを右側のプルダウンメニューを使って選択することも可能です。次にあなたのZoteroライブラリで一つ以上の文献を選択し、「Refresh」ボタンをクリックしてください。下部ウインドウに、選択された文献とCSLスタイルに基づいて整形された出典表記と文献目録が表示されます。

引用様式はいくつかの方法で修正することができます。左側のプルダウンメニューとその隣りのテキストボックスを使ってlocatorを指定することができます(たとえば、“(Doe 2002, p.52)“という引用様式を得たい場合)。”Suppress author”をチェックしたり(“(Doe 2002)” の出典表記は“(2002)“と出力されます)、「Citation is:」と書かれたプルダウンメニューでは、引用の位置を変更し、すでに一度引用された文献がどのように出力されるか確かめることができます。

CSLコードを上部ウインドウで編集すると、下部ウインドウの出典表記および文献目録出力は自動的に更新されます。ツールはCSLコードが不正なXMLである場合にエラーを表示します。もしコードが正しいXMLであるが、不正なCSLである場合、エラーが表示されるか、あるいは下部ウインドウのプレヴューが更新されなくなります。スタイルを編集した後は、必ず文法をチェックしてください。

重要 このツールを閉じるとき、またはプルダウンメニューから別のスタイルを選択するときに、すべての編集内容が失われます。CSLスタイルに大きな変更を行なっているときには、頻繁に編集済みのコードを保存するように心がけてください。

ja/dev/citation_styles/reference_test_pane.txt · Last modified: 2017/11/12 19:53 (external edit)